売上

歴史の古い京都では、今も多くの人が行き交い、膨大な業務が営まれています。
当然ながら、それだけ多くのビジネスチャンスが内在しているわけですから、
会社設立するにも好立地といえます。

会社の設立

しかし京都での会社設立における成功には、堅実なプランを立てることが大切です。
とくにお金に関することは会社の生命線ともいう事柄ですから、しっかりとした目標を定め、
いかにそれを達成するかを考え抜かなければなりません。

では、具体的にはどれくらいの売上があれば、会社設立に成功したといえるのでしょうか。
それには必要経費からの逆算することが、明確な指標となります。

経費の中で動かしようがないのが、店舗や事務所を借りる際の家賃です。
どんな商売をするにも、働く場所がなければどうしようもありません。

その家賃が、会社の売上に占める割合のうち10%以下に抑えられていることが、
健全な経営の目安とされています。

中でも京都は土地そのものにステータスがあるので、賃料も決して安くはありません。
そこで、京都における家賃をしっかり把握した上で、その10倍の利益を上げるには
どうしたらいいか検討することが、会社設立の第1歩といえます。

京都

その上で、人件費や原料に関する費用もしっかりと見極めることができれば、
目指すべき業務と利益も、より鮮明に見えてきます。

競争の激しい京都で成功を収めるためには、事前に検討しすぎるということはありません。
成功できる会社設立を目指して、綿密なプランを立てていきましょう。