費用

京都で会社設立する場合には、少なくとも法令で定められている
費用については必ず出費をしなければなりません。

出費

京都での会社設立は、京都地方法務局に設立登記申請に必要な書類を提出し、
その後1〜2週間程度登記官から補正を求められなければ完了となりますが、
この書類提出時には登録免許税の納付が必要となっています。

登録免許税の税額は選択する会社の形態によって異なっており、
株式会社の場合は最低15万円、合同会社などといったその他の形態でも
最低6万円となっています。

また、会社設立登記申請の際は、その後の手続きに備えて登記事項証明書や
法人の印鑑登録証明書も何通か取得しておくのが一般的であり、これらの書類の
取得にかかる手数料も法定費用に含めて考えるべきでしょう。

費用の計算

また、会社設立登記申請をする前には京都府内の公証役場で作成した定款を
公証人に見せる手続きが必要ですが、紙に定款を作成した場合はこのときに
定款に貼る印紙代として4万円が必要となっており、設立する会社が株式会社である場合は
定款認証手数料と定款謄本の作成手数料をあわせて52,000円程度の支払いが必要です。

よって、会社設立で最低限かかる費用は株式会社の場合だと21万円前後、
その他の会社の場合だと16万円前後となります。

しかし、京都で会社を設立する人の多くは府内の司法書士に書類の作成から
提出までを一任しているため、実際に出費しなければならない金額は
最低限必要な額より8〜15万円程度上乗せした額となるでしょう。