ホーム 起業のため定款づくり 定款用のフォーマット 会社設立の定款 会社設立の商号 sitemap 会社設立するために必要なこと 維持費  費用 会社設立するとき  会社設立にかかる費用  会社設立の準備 法的決まり

会社設立は京都で!やりがいある簡単起業術

 起業するなんて、やりがいありそうだし、自分の力や経験を試してみたいけど・・・。
手続きが煩雑で面倒くさそう・・・と尻込みしてはいませんか。

そんなことで尻込みしているとしたら、チャンスをみすみす逃しているとしかいいようがありません。

2006年の新会社法施行により、会社設立京都の手続きが簡素化されました。

手続き

手続きの簡素化だけでなく、設立に関する幾つかの規制も緩和されました。
今までは、資金力と組織力のある人のみが起業することができるような仕組みでした。

しかし、その規制が緩和されたのです。
これにより、会社設立の志をもつ全ての人に起業のチャンスが与えられたのです。
この機会を逃すなんてもったいない!!

チャンス

不景気だなんだと言われていますが、 まだまだビジネスチャンスはあちこちにあります。
やる気とアイデアで、勝ち組になる手立ては残っています。

社会や会社に期待できない今だからこそ、起業のチャンスだと言えるかもしれません。
本当に起業したいと考えているならば、本当にカンタンな手続きで起業することができます。

どこか心の中で起業したいと思っていた方。思ってはみたものの
どうしていいのか分からず立ち止まってしまっている方。
是非一度サイトを見てみてください。

人生は一度だからこそ悔いなくいきたいものです。
やりたいことをやる。
苦労はつきものですが、その分得るものも非常に多いです。

やらずに後悔するよりは、何事もやってみたい。
なにかやり始めるきっかけになるヒントがあるかもしれません。
ここでは資金がなくても起業に対するポイントについてご紹介します

事業目的の表現が緩和された新会社法について

平成18年5月1日に施行された新会社法にはいくつかの大きなポイントがあります。
たとえば、類似商号制度の廃止です。従来ですと、同じ地域を管轄する法務局に同じ商号がすでにある場合は、会社設立登記はできませんでしたが、新会社法施行により、その会社が同一の本店所在地にない限り、原則会社設立の登記ができるようになりました。

 

また、事業目的の表現が緩和されました。これまでは会社設立の登記をする際に、具体的かつ明確に、違法性のない表現を用いなければなりませんでしたが、新会社法により目的の表現方法から具体性の要件が削除され、より登記しやすくなりました。
さらに最低資本金制度が撤廃されました。以前は、株式会社を設立する場合は最低資本金が1,000万円以上、また有限会社の場合は最低資本金300万円以上が必要でした。

その後、最低資本金規制特例制度ができたことによって、この最低資本金を満たさなくても良く、資本金額が自由に設定できるようになりましたが、約束事があって会社設立から5年以内に株式会社なら1,000万円、有限会社なら300万円までの資本金を増額しないといけませんでした。
しかし、新会社法の施行により資本金は完全に自由になりました。



売上 * 維持費 * 費用 * 注意点 * 手続き * 必要な書類 * 法的決まり